2006年11月25日

欲と脳

 脳はよくコンピュータに例えられる。当然である。コンピュータとは、脳の仕組みを真似して作られたものだから。
 さて、そのコンピュータ。家庭のコンピュータでも、会社のコンピュータでも、学校・役所などの、どのコンピューターにもスィッチがある。スイッチがONされて、初めてコンピュータが立ち上がり仕事を始める。
 ならば、脳というコンピュータのスィッチは、どこにあるのか。
 それが「欲」である。あれが欲しい、これが欲しい、こうなるといいな、ああなるといいなという欲望が、脳を刺激して、ドンドンと大きく成長してゆく。
 しかも脳内での「欲」の神経節は視床下部。視床下部は本能や自律神経、さらには各種のホルモンの総本山である。
 ひとたび「欲」の感情が頭をもたげれば、視床下部はすぐさま活動開始。そして、本能や自律神経、さらには各種のホルモンが一斉に働き出して、視床下部は大活性化する
 視床下部が大活性化しては、脳全体してもぐずぐずしていられない。脳の各部に指令が飛んでゆく。かくして、脳は成長するのである。というわけで、「欲」という感情は、脳にとって非常に大切なキーワードとなる。
 困ったことに、わが国では、欲張りは嫌われ者。欲の心をグッと押さえての、素知らぬ顔こそ美徳とされている。これは大きな誤りである。欲張りこそ美徳である。今後は、胸を張って、「私は欲張りだ」と高言していただきたい。
 欲張りがどうして気に入らなければ、「意欲」と理解されたら、いかがだろう。
 処は東欧ブルガリヤ。当地の老人の意欲はものすごい。80才になった老人は、「オレは、80才の2倍までは生きるぞ」と張り切る。100才を越えた老人も、「嫁をもらいたいが、22,3才の良い娘はいないだろうか」と、真剣に探し回る。
 一方、世界NO1の長寿国ニポンの高齢者を見ると、意欲が全く希薄。「いつお向かいがきても構いません。待っているんです」と、いいながらの医者通い。
 そんな見え透いたウソを言わずに、「もっと長生きをするぞ、もっと長生きしたい」とわめくほうが、ずっと正直で意欲的である。その「正直な意欲」が脳を刺激して、もっともっとの長寿につながるのである。
 「欲」といっても幅が広い。金銭欲、名誉欲、性欲、食欲、知識欲など。だが「欲」であれば、何でも結構。「欲」という字が付いていれば、脳はイヤでも活性化する。
 また、ヒト特有の「羞恥心」という感情も重要である。とくに女性では、この「羞恥心」の多寡が寿命まで伸ばす力となっている。
 ある離島での健康調査では、服装が年より若い人は、血中のコレステロールが少ない。服装が年相応または年より老けている人は、血中のコレステロールが多かったと報告されている。
 「こんな服装ではクラス会に出れないわ。たれよりも豪華で美しく!」。これも、 羞恥心の仲間の「見栄」という感情の働きである。
 かって、「見栄は慎むべきもの」とされていた。しかし、その内容をじっくりと見てみると、イヤイヤ、どうして慎むべきもの処か、重要きわまりない脳の肥料である。
 羞恥心や見栄の感情が、おしゃれ心に拍車をかける。かくして女性ホルモンの分泌は増加し、対コレステロール、対ストレスの能力が高まり、長寿というご褒美を手に入れているのである。
 われわれは、毎日「周囲を囲まれての生活」をしている。ということは、周囲の確認は欠くべからざる行動となる。では、男性の確認能力はいかがであろう。男同士がすれ違った場合、ほとんど相手を意識しない。「おっさんが通る」はまだ良い方。中には「新聞紙がとんでゆく」程度の認識である。
 だが、女性同士がすれ違うと事情は一変。相手の頭のてっぺんから足の先まで、視線が2,3回も往復する。そして、相手の持ち物調べ。「あのバッグはブランド物、でも靴はセール品ね。それにしても、ブラウスがお粗末だわ」と、瞬時にして値段まで調べ上げる。
そして、次には相手に打ち勝つ見栄合戦が始まる。
 まさに見栄の塊。まさに確認能力の塊。だが、これだけの確認能力があれば、周囲の全てを把握して、何があっても直ちに適切な対処が可能。かくして女性の長寿と健康が全うされるのである。
動物界では、ほとんどのメスはオスより長命である。中でも、わが国の女性は、たくましく長生きである。もちろん女性の長寿には、ホルモン的な問題もあろう。遺伝因子の問題もからむだろう。だが、たくましく長生きの隠れた事実として、欲張り、羞恥心、見栄の存在を見逃すことは出来ない 。
posted by えいちゃん at 17:03| Comment(5) | TrackBack(0) | コラム