2006年11月26日

「多情多恨」のお話し

 明治の文豪尾崎紅葉は、明治29年に小説「多情多恨」を発表している。それにしても、「多情多恨」とは言い得て妙な言葉である。
 過日、テレビの身の上相談で、こんな光景があった。
相談するのは、複数の男性との外泊を繰り返す、不行跡娘を心配する母。答えるのは、かってグループシンガーであったA氏。
 そしてA氏の解答。「セックスは個人の自由。だから、不行跡に非ず。たとえ自分の娘が同じことをしても、私は許すだろう」。自称進歩的な文化人のA氏は、胸を張って解答したものである。
だが、待てよ。たしかにセックスは個人の自由である。しかし、あまり自由を振り回しすぎると、とんでもないお灸をすれられることがある。
 女性にとって恐ろしい子宮頚部癌は、ギリシャ時代、その名も麗しく、「ヴィーナス病」と呼ばれていた。
 ところが実態は、麗しき名前に背く重病である。そして、問題のヴィーナス病は当時すでに、言葉は古いが、娼婦や放蕩亭主を持つ妻に発生しやすく、性行為と浅からぬ関係をもつ「もの」として知られていた。同時に、セックス経験のない修道女や尼さんには、発生しにくいともされていたのである。
 時代が過ぎ時が流れ、ギリシャ時代から約2000年後の1983年。子宮頸部癌の90%から、ヒトパピローマウイルスというウイルスが検出された。つまり、子宮頚部癌は、一種のウイルス感染症だったわけである。
 そして、ヴィーナス病は、性病と同じように、今となっては懐かしい、特飲街関係レディたち中心に、比較的狭い範囲内のみに広がっている考えられていた。
 ところがところが最近は、自称進歩的な文化人のおすすめ(?)もあっての、いわゆる性の自由化である。
 いまや、複数のセックスパートナーは当然、不倫だってことの成り行き次第。若き女子中高学生の間でも、援助交際という名の、まごうことなき売春行為が横行中である。
 初体験の低年化と複数相手との性交渉は、ヒトパピローマウイルスを仕込むには十分すぎる条件ではないか。女子高校生らの自己採取標本から、ヒトパピローマウイルスの高い陽性率を見たとの報告も、その辺の事情をはっきりと証明している。
 初体験の低年化と性交渉相手の複数化、そして子宮頚部癌の多発。げに恐ろしきは、多情多恨の条理なり。
 現代感覚では、セックスはスポーツのようなものなのかもしれない。しかし、今日の快楽が明日の悲しみにならぬよう、ここらでセックスの自由化を見直すべきだろう。
 自称進歩的文化人を自称するA氏も、わがムスメが子宮頚部眼で苦しむ姿を見たら、はたして、「セックスは個人の自由。不行跡に非ず」の言葉をいかに受け止めるだろうか。同時に、「多情多恨」なる言葉の意味を、もっとしっかりと噛みしめてもらいたい。
posted by えいちゃん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム